亜細亜大学 受験 願書

亜細亜大学 入学受験願書

亜細亜大学は日東駒専の次の大東亜帝国の一角を占める人気の大学ですね。亜細亜大学の入学受験願書のお取り寄せは、下記からどうぞ。

 

>>> 亜細亜大学受験願書のお申込みはこちら <<<

 

 

↓亜細亜大学以外の願書は、こちらから↓併願大学の願書です↓

 

 



↓不要になった亜細亜大学赤本・参考書は、こちらで高価買取↓







亜細亜大学の学部

* 経営学部 o 経営学科 o ホスピタリティマネジメント学科 「自学力」をモットーにビジネスパーソンを育成。経営学、ホスピタリティの2専攻で実学を重視した教育を行う。第一線で活躍する経営者を講師に招いて行うトップマネジメント特別講座では経営現場の最前線にふれる。ホスピタリティマネジメント学科は、それまでのホスピタリティ専攻を発展させたものであり、2009年度から学科となった。 * 経済学部 o 経済学科 2年次から政策科学、経済情報分析、都市経済コミュニティ、アジア・国際人の4コースに分かれる。実社会から経済学の最新テーマを取り上げる講義や他学部の科目も受講でき、多様な角度から幅広い知識を修得できる。 * 法学部 o 法律学科 法曹をはじめ、法律学の専門知識を身につけた公務員、企業人を育成する。2年次から法科大学院進学、公務員、企業法、現代法文化の4コースに分かれる。4年間を通した少人数によるゼミナール教育を展開。 * 国際関係学部 o 国際関係学科 o 多文化コミュニケーション学科 1年次後期に原則としてAUAP(亜細亜大学アメリカプログラム)によって、アメリカ・ワシントン州に5ヶ月間留学する。2年次から国際関係、国際協力交流、国際地域研究の3つのエリアが設けられている。また、地域言語(第二外国語に相当)として韓国語、中国語、インドネシア語、ヒンディー語、アラビア語、スペイン語(これに加えて留学生のみ日本語もある)の中からひとつ選んで履修しなければならない(必修6単位)。また、1年次からのゼミが4年次まで一貫して必修であり、他学部に比べて少人数教育を多く行っている。 卒業条件にTOEIC600点以上など制約がある。

亜細亜大学の沿革

1941年4月、財団法人興亜協会が創設され、同時に付属の旧制興亜専門学校が開校した。1945年に興亜専門学校から日本経済専門学校へ改称。1950年に日本経済専門学校を改組して日本経済短期大学が開学。1955年に現在の亜細亜大学となった。旧制興亜専門学校を前身とする大学。戦後、日本経済専門学校、日本経済短期大学を経て亜細亜大学となった。初代学長兼理事長には、終戦時の文部大臣だった太田耕造が就任した。その後、理事長に就任した東京急行電鉄の創業者五島慶太の経営協力の下で組織整備などがなされてきた。東急グループの文化事業に位置づけられている。五島慶太逝去後は、後継者の五島昇が就任した。その後は、元伊藤忠商事会長瀬島龍三に引き継がれ、現在は東京急行電鉄の清水仁が理事長に就任している。建学の精神は「自助協力」である。 太田耕造初代学長の著書によると建学精神の「自助」とは、一人ひとりが自らの内面を深く見つめ、自分自身のしっかりとしたアイデンティティを確立し、自らの力でそれぞれの道を切り拓くこと。さらに「協力の花は自助の根から」とし、真の協力関係とは自立した人間同士の協力関係であると書かれている。







亜細亜大学 受験願書 弊サイトについて links1